ラオックス・メディアソリューションズ株式会社への社名変更について


 株式会社エス・エー・ピー(SAP)は、2021年4月1日から「ラオックス・メディアソリューションズ株式会社(LMS)」に会社名を変更いたしました。

 株式会社エス・エー・ピー(SAP)は、これまで日本全国の文化財等を主な舞台として、古典芸能・J-POP・伝統工芸などさまざまなジャンルの公演・事業を実施し、一期一会の精神を大切にしながら、日本の感動・日本の美を広く内外に伝える事業を中心に実施してまいりました。
 また、2018年1月からは、ラオックスグループの一員として事業を展開してまいりましたが、今般、社名を変更し、ラオックス・メディアソリューションズ株式会社(LMS)としてラオックスグループの力を生かし、良質なデジタルコンテンツを活用した文化事業を遂行する企業へと生まれ変わりました。

 ラオックス・メディアソリューションズ株式会社(LMS)では、これまで株式会社エス・エー・ピー(SAP)が取り組んできた事業に一層力を入れる一方で、ラオックス・メディアソリューションズ株式会社(LMS)が主催する事業などの内容を良質なデジタルコンテンツとして記録し、その内容を舞台となった地域・文化財等の魅力ととともにメディアを通じて内外に配信・放映する事業を実施してまいります。
 また、メディアを通じて良質な中国・アジア等のデジタルコンテンツを広く日本に紹介することによって、世界の文化のすばらしさを我が国で体感できる事業を新たに実施するなど、「日本の文化を世界へ、世界の文化を日本へ」と伝える事業を展開してまいります。
 これらによって、これまで株式会社エス・エー・ピー(SAP)が実施してまいりました公演・事業についても、今後は、内外のより多くの人々に紹介することが可能になり、日本文化のすばらしさや舞台となった地域の魅力をより効果的に発信していきたいと考えておりますので、今後ともご理解・ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

ごあいさつ


 株式会社エス・エー・ピー(SAP)は、2021年4月1日から「ラオックス・メディアソリューションズ株式会社(LMS)」に会社名を変更し、文化事業を軸にメディアを活用した新たな事業展開によって「日本の文化を世界へ、世界の文化を日本へ」より効果的に伝える企業へと進化してまいります。

 株式会社エス・エー・ピー(SAP)は、2000年の創業以来、また、2018年1月からはラオックスグループの一員として日本全国の文化財等を主な舞台に、古典芸能・J-POP・伝統工芸などさまざまなジャンルの公演・事業を実施し、一期一会の精神を大切にしながら、日本の感動・日本の美を広く内外に伝える事業を中心に実施してまいりました。
 しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により、文化事業を取り巻く環境は大きく変わりました。ライブ公演は中止または少人数開催が続出し、これまでのような現場主義や一期一会の精神のみで事業を展開することは困難になりました。 
 その反面、ネット配信や放送等メディアに係る技術・ネットワークは飛躍的に拡大し、これらを効果的に活用することにより、日本の感動・日本の美をより広く内外に伝えることができる環境は大きく整備されました。アフターコロナにおいても、このような変化は単に継続するだけではありません。文化事業を取り巻く環境は、今後さらに変わっていきます。
 ラオックス・メディアソリューションズ株式会社(LMS)は、このような文化事業をめぐる環境の変化に即応し、これまで株式会社エス・エー・ピー(SAP)が取り組んできた事業の発展に一層力を入れる一方で、主催事業などの内容を良質なデジタルコンテンツとして記録し、その内容を舞台となった地域・文化財等の魅力とともにメディアを通じて内外に配信・放映いたします。これを含め、「日本の文化を世界へ」一層効果的に伝える事業に取り組み、弊社事業の舞台となる地域の皆様に、効果的な観光情報等の発信の場を形成いたします。
 コロナはいつか終わります。日本には再び海外から大勢の観光客が訪れます。その際、海外からの観光客に日本の魅力をより一層感じていただくためには、デジタルコンテンツの視聴等を通じて「行ってみたい憧れの地」を増やすことが、旅行の際にリアルな文化体験の場を提供することと並んで重要になってきます。ラオックス・メディアソリューションズ株式会社(LMS)は、これまでの経験を踏まえながら、そのような機会を数多く提供してまいります。

 一方、近年におけるアジア地域の経済的・文化的発展にはまことに目覚ましいものがあります。文化事業に係るデジタルコンテンツも飛躍的に向上しています。しかし、これまで日本では、韓国を除くアジアの文化コンテンツは十分に紹介されてきませんでした。
 ラオックス・メディアソリューションズ株式会社(LMS)は、今後、ラオックスグループのネットワークを活用しつつ、メディアを通じて良質な中国・アジア等のデジタルコンテンツを広く日本に紹介し、世界の文化のすばらしさを我が国で体感できる事業を新たに実施するなど、「世界の文化を日本へ」と伝える事業を展開してまいります。

 ラオックス・メディアソリューションズ株式会社(LMS)への社名変更に伴い、事業内容は以上のように拡大してまいります。しかし、その根本にある「文化の魅力」「文化財の魅力」を大切にする気持ちに変わりはありません。社会環境の変化や技術の革新に即応して発展する弊社事業について、今後ともご理解・ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。


LMS(株) 代表取締役社長 大野裕夫

VIEW MORE

EventManagement Business


RecentNews

AboutLMS

感動を生み出す。
日本的なものを継承し、
発展させる感動。
生き生きとして消えることのない感動を、
観客と出演者に提供すること。
古典芸能・J-POP・伝統工芸、
ジャンルを超えて日本の感動を表現するもの、
すなわち情感あふれる表現、繊細な技巧、
意表を突く演出があふれ出る
イベント(コンサート、ステージ、展覧会)を目指す。
我々が生きていく、
その心の原風景を生み出していく感動。
人間の質感、テイスト、クオリアを織りなす感動。